印鑑とシャチハタの使い分け

シャチハタイメージ

色々な場面で「印鑑が必要となりますので、持ってきてください」と言われることがあることでしょう。
こういわれた時、みなさんは何を持っていきますか?

普通だと、認印や、場合によっては実印を持っていき、その時に朱肉などを一緒に持っていくことが多いでしょう。
しかし、中には、シャチハタを持って行かれる方もいるのではないでしょうか。

その時「シャチハタはダメです」と言われていないのにも関わらず、シャチハタを持っていったら「印鑑じゃないと困ります」と言われたことがあるのではないでしょうか。

では、印鑑とシャチハタは何が違うのでしょうか。
決定的な違いを言えば、印鑑とは違い、シャチハタはネーム印と呼ばれ、スタンプの部類に分けられてしまうそうです。

ですが、自分の名前が押せるものというところでは、印鑑とさほど変わりはありません。

そして、区役所などでも、シャチハタは使えないというところが多いですが、どうしてシャチハタが使えないのか、明確に説明できる人はいないでしょう。

自分なりに調べてみても、どうして使えないのか、使ってはいけないのかという答えは、人それぞれであって、決まりというものは、特にないのかもしれません。

ただ、シャチハタというのは、印鑑と違って、印面がゴムで出来ており、押し方ひとつで印影に変化が出ます。
そうすると、照合することができなくなるため、シャチハタは使えないと言われているようです。

とても便利なものなのですが、使う場所が限られてしまうのは、少し寂しい気もしますね。
シャチハタは印鑑に比べると、使う頻度が高いので、使う幅も増やしてくれると嬉しいですよね。

~ 話題のWEBサイト ~

<簡単・自由に>名刺作成

朱肉のいらない便利な印鑑シャチハタネーム印。
従来の印鑑の形からペンタイプまでさまざまなデザインをご用意。
お急ぎの方には嬉しい最短即日出荷サービスもあります。

シャチハタ、Xスタンパーをお求めなら
シャチハタ専門店【シャチハタ館】をご利用ください!

ページの先頭へ