外国の方が実印をもつ方法

印鑑イメージ

日本に住むと、必ず必要となる印鑑ですが、外国から日本に来た人の場合、どのようにして印鑑を作るのでしょうか。
アルファベットの印鑑というのは、なんだかスタンプのような感じがしてしまいますよね。

日本人の場合だと、実印として印鑑登録をする際、認められません。
そこで、外国の方が印鑑登録をして、実印を持つ方法をここで紹介しておきましょう。

まず、住民票のある各市区町村に、届け出を出すということは変わりないのですが、その時に、外国人登録原票が必要となります。

この時、アルファベットの名前を漢字の当て字を使い、漢字で登録してあるのであれば、その原票に記載してある、漢字の名前を使って、印鑑を作り、印鑑登録をすることができます。

しかし、アルファベットで登録をしてある外国の人の場合、ファーストネーム、ミドルネーム、ラストネームのどこかか、フルネームをアルファベットかカタカナで作り、その印鑑を実印として、印鑑登録することが可能なのです。

ですが、外国人登録原票に、通称名で登録してある場合には、その通称名で印鑑を作るという事になります。

こうしたことにより、外国の方が印鑑登録をして、実印を持つ時には、外国人登録原票がとても重要なものになってくるのです。

ちなみに、通称名というのは、本名などではないのですが、普段使っている名前のことを言います。
そのため、ニックネームやイニシャルで印鑑を作ることはおしゃれ印鑑を作ると同じことなので可能なことなのですが、その印鑑を日本人であろうが、外国人であろうが、実印として印鑑登録をすることはできません。

~ 便利WEBサイト情報 ~

<選べる>デザイン表札

住まいを彩る表札の専門店【ハンコヤドットコム表札館】

高品質な丸三タカギの表札をお手頃価格でご提供。
個人や法人向けだけでなく、2世帯やマンション向けの表札もお選び頂けます。

ページの先頭へ