日本の印鑑の歴史

日本の印鑑イメージ

日本に印鑑が伝わってきたのは、西暦57年頃だと言われています。
同じ文化圏である、中国から伝わり、その頃は印鑑という呼び名ではなく、印章と呼ばれていたものだそうです。

有名なところでいえば、漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういうん)が、1784年に発見された、最古の印章だと言われています。

外国との交易が盛んになる、鎌倉時代になると、中国の禅僧によって伝えられた落款印が流行し、戦国時代に入ると、武将たちが権威や威厳を表わすために、印章が使われていました。

さらに江戸時代になると、行政機構の整備などにより、文書制度の確立、それに加えて商業の発達などによることから、帳簿類へ印章を押すということが、習慣化になったそうです。

そのため、ここで初めて庶民にも印章が使われることとなりました。
そして、様々な証文に使用されることになったので、印章の照合などが必要となり、今の実印が生まれたと言われており、印鑑登録の原型とも言えることでしょう。

明治時代に入ると、認印も広く使われるようになりますが、印鑑登録制度が出来上がったのも、この時代だと言われています。

しかし、すでに外国はサイン社会となっていたため、これに習って日本もサイン社会にしようとしてみたのですが、印章の普及が強く、サインよりも重みがあるものとして、認識されていたため、結果的には失敗に終わったそうです。

こうした時間をかけて、今私たちは、ごく当たり前のように印章を使っているのです。
もし、中国から印章が伝わっていなければ、私たちはサイン社会になっていたのかもしれません。

~ 便利WEBサイト情報 ~

<簡単・自由に>名刺作成

年間14万件以上の出荷実績を持つ【スピード名刺館】

シンプルでスタイリッシュなモノクロ名刺から豊富なデザインから選べるカラー名刺までWEB上でレイアウトを確認しながら簡単にご注文できます。

ページの先頭へ